2008年05月23日

My Sweet Lord

”神々しい程のゴスペルな名唱”

〜そしてビリーも旅立ちました〜

「マイ・スイート・ロード」と言えば、間違いなくジョージのソロワークの中で
最大のヒット曲であり、有名曲の一つであろう。

ジョージの宗教観をそのまま述べたかのような歌詞も含めて
”代表作”と呼ぶのに相応しい。

勿論、収録アルバムも最高傑作である1stアルバム『オール・シングス・マスト・パス』
(最近改めてこのアルバムを自分的には再評価している)な訳だから
有名でないわけも無い。むしろ、ビーヲタ以外の人に評価の高いアルバムと言うのも
この作品の特徴である。

当方、いつもジョージにはひねた意見を述べているが、それでも
「美しき人生」「オール・シングス・マスト・パス」「イズント・イット・ア・ピティ」
「愛は全ての人々へ」「FAB」辺りは大好きな曲である。

特に子供の頃、ポップでキャッチーな「美しき人生(ホワット・イズ・ライフ)」は
大好きな曲だった。

しかしながら、ここまで「マイ・スイート・ロード」が単調かつ宗教感が過ぎるよ!過ぎて
苦手であり、ここら辺が自分がジョージにのめり込めない原因であろうと思っていた。

好き嫌いは好みの問題だと思うので置いておくが、ジョージの歌唱、特にソロ以降と言うのは
音程などに重きをおくのではなく、独自のビブラートを唱法に取り込んで、”泣き”を表現する
と言うスタイルが基本線だと思う。

ジョージの場合、声の線がジョンやポールに比べて明らかに細いので、それが顕著に聴こえる。

恐らくはディランなどの影響も強いと思われるが、同じくディランの影響が見えるジョンが
トーキング調を取り入れても線の太さで力強くメロディがしなるのに比べて、ジョージのそれは
線の細さも相俟って、とても歌メロの輪郭を曖昧に見せているように感じる。

なので、ディランの多くの曲と同じように、本人以外が歌った時に初めて歌メロがおぼろげに
なるのが『コンサート・フォー・ジョージ』を観ていてとても感じたのである。

そんな好例の一つが盟友、ビリー・プレストンのいぶし銀のヴォーカルが冴え渡る
「マイ・スイート・ロード」である。


「My Sweet Lord」 by Billy Preston [Concert for George]

どうだろう、この原型を崩さずに強烈にゴスペルを感じる歌い上げ方は。
僕は感動せずにはいられなかった。

時折ソウル系のシンガーは、名曲を、アドリブで歌いまくり、それは自己満足のように
映ってしまう事がある。それに比べて、ビリーの酸いも甘いも知り尽くしたかのような
”ゴスペル感”は、観るものを虜にしてしまう。そしてこの曲が単なる宗教賛歌では
なく、聖歌のように聴こえてしまうのだ。そして合間に入るちょっとしたハモンドも最高である。

キーボード・プレイヤーとして、ビートルズやストーンズ、そして晩年はクラプトンと、
名脇役として素晴らしい演奏も残したが、彼自身もソウル・シンガーとして、
捨てがたいアルバムも残してくれた。



そして、この名演の数年後、彼もジョージの元に旅立っていった
それが腑に落ちるほどエモーショナルな「マイ・スイート・ロード」である。

諸行無常を情感豊かに歌ってメロディを拾い上げたポールの「オール・シングス・マスト・パス」

ある意味一番おいしい歌で、メランコリックな「イズント・イット・ア・ピティ」は
やっぱりエロオヤジなクラプトン(笑)

人それぞれ個性が出るもので。

興味深いのはクラプトンであれ、ポールであれ、このコンサートの後、ここで取り上げた曲を
自らのライブでも取り上げることである。演奏してみて改めて彼の曲の良さに気づくのかもしれない。
posted by cafebleu at 06:27| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Billy Preston | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。