2006年05月30日

美しい星〜『確かな光』〜

「アンビエント感覚の冴える音響美世界」 by 高野寛


高野寛は僕らの世代の人間なら名前くらい知ってるかもしれない。
それはトッド・ラングレンがプロデュースした一連の作品でも
いいし、もっと言えばオリジナル・ラブと共演したヒット曲でもいい。
そんな事言わずとも「虹の都へ」は僕らの世代で知らない人は少ない。

その後の彼はむしろ表舞台と言うよりは裏方として
サブカルチャー的ポップシーンで活躍していく。

クラムボン、スーパー・バター・ドッグ(ハナレグミ)は言うに及ばず、
小泉今日子のプロデュース、ナタリーワイズへの参加やかなりの人への
楽曲提供などの実績を残している。

そう言えばスーパー・バター・ドッグ時代の名曲
「サヨナラCOLOR」は高野寛がプロデュースしたアルバム
『GrooBlue』に収録されていた。そしてこの曲の世界を広げたのが
ハナレグミでの活動でもあったわけだ。後に「サヨナラCOLOR」は
竹中直人が映画を作るうえでインスパイアを
受けるくらい重要な曲になる。

そんな裏方中心の活動もあって近年は寡作な高野寛だが、
2年ほど前に発表された『確かな光』は肩肘張らない好作だった。



「美しい星」は音響的な気だるい打ち込みの中でつぶやくように
歌われるアンビエントポップとでも言えばよいだろうか?

メロディとアンビエント的なアレンジ。
いつだかプリファブ・スプラウトのパディ・マクアルーンは
「メロディ以外で美しい音楽は何かといえばアンビエントだと思う」
という趣旨の発言をしていたがこれは僕も激しく同意したい。
まぁメロディの巨匠がこう言うのだからそう間違いも無いだろう。

それを体現したかのようなこの曲は素晴らしい。

2004年作『確かな光』に収録。


posted by cafebleu at 02:11| 東京 ☁| 高野寛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。