2006年04月29日

Free Thinker

「ダウン・トゥ・アースとモダニズム」 by Mother Earth


マザー・アースと言えば90年代初頭のUKソウルの
「アシッド・ジャズ」ムーヴメントの中で出てきたバンドの代表格。
ジャミロクワイ、ヤング・ディサイプルズ、コーデュロイ、JTQなどと同列か。

最もこれらのブームは本国イギリスよりも「お洒落」な感じが
大好きな日本人に受け、盛り上がっていた。ただし、
ジャミロクワイを除く彼らは本国での評価が続かず、段々と
活動の場を追われる様になってしまった。

最初から良い意味で「ハイプ」っぽいコーデュロイなどは
それでも良かったのかも知れないが、ウェラーや
オーシャン・カラー・シーンと同様にアーシーな視点でモッズを見据えていた
マザー・アースまでセールスに苦しみ解散してしまったのは何だか残念だ。
彼らは実力派だと思っていたから。

初期はいかにもアシッド・ジャズなサウンドを聴かせていた彼らだが、
アルバムを追うごとにダウン・トゥ・アースなサウンドにシフトして行った。
それはウェラーの『ワイルド・ウッド』などの影響も有ったのかも知れないが、
そのサウンドは素晴らしく、後に同様のサウンドとスタイルで
成功するオーシャン・カラー・シーンの活動のヒントになったような気さえする。

中心人物のマッド・ディドンはギタリストとしても腕が高く、
ヴォーカルも非常にソウルフルで優れたミュージシャンだった。
強いて言えば破綻が無さすぎる嫌いがあるのだが。

アルバム『ユー・ハブ・ビーン・ウォッチング』はかなり
モッドな仕上がりの好作だ。実際にスモール・フェイセズの
「ワム・バム・サンキュー・マム」なんかもカバーしている。
(後にオーシャンもライブ・アルバムでカバー)



「フリー・シンカー」は横乗りのリズムが心地良い正に「アーシー」な歌。
70年代のストーンズの歌をトラフィックが演奏し、
フリー時代のポール・ロジャーズが歌ったような
「いいとこどり」な感覚がかなり素晴らしい。
UKのバンドは近年基本的な演奏力に乏しい人たちが多いので、
こういった演奏力は評価したい。

マザー・アース解散後、マッド・ディドンはソロ活動を地味に
続けながらポール・ウェラーのサポートやオアシス!の
サポートなどをこなしている。
本来はこんな所で燻っている才能では無いのだが
世間は中々世知辛い。
posted by cafebleu at 01:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Mother Earth | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。