2006年02月28日

Fish!

「ブライアン・ウイルソンの現在に無くてはならない人」
by Jeffrey Foskett


ジェフリー・フォスケットはビーチ・ボーイズや
ブライアン・ウイルソンをコアに聴いてる人には
説明不要の有名人だが、
逆にそうで無い人にとってはポップに詳しいからと言って
知ってるとは限らないという何だか微妙な位置に居る人だ。

実際に知っていても、ブライアンのツアー・バンドのメンバーで、
普段はビーチ・ボーイズの有名曲をオムニバスで
カバーとかしてるというイメージも付いてたりする。
所謂サーフ・ミュージック周辺の
ビーチ・ボーイズ・フォロワーというものだ。

確かにそういう面もあるのかもしれないけど、
ジェフリーは素晴らしいミュージシャンである。
決してロッキング・オンなどのメジャー洋楽誌では
紹介されないのかもしれないが。

ファンの間で彼の評価を高めたのは
世代によって若干の違いはあるだろうが、やはり
ビーチ・ボーイズやブライアン・ウイルソンの
ツアー・メンバーとしてだろう。元々は80年代前半に
ヴォーカル、ギターの核であるカール・ウイルソンがビーチ・ボーイズの
現状(当時)に呆れ果て、一時脱退してしまったため、
ギターとファルセットの取れる人材をビーチ・ボーイズが
探していた時に白羽の矢が立ったらしい。

当時の作品については後述するが、
とにかくバンドの状態は酷く、明らかにカールはステージでも
苛立ちを隠せずに居たのでこれは当然の結果だと言えるだろう。
とにかくビーチ・ボーイズにとってカールがいないというのは、
ステージにおいてはブライアンはおろか、マイク・ラブがいないことよりも演奏、
ヴォーカル面において大打撃で、その大役をジェフリーは見事に
こなした事で評価が高まったといえるだろう。

そしてその大役はブライアンのカムバック・ツアーに
おいても変わらなかった。はっきり言って昔のように歌うことが
全く出来ないブライアンや、今は亡きカールのパートを
含む過去の名曲を演奏する際に、
ジェフリーがいなかったらどうなっていたかを考えるのも恐ろしい。
それは最初のソロ来日を果たした時から感じたことである。
最初の来日という事で聴くほうもかなり興奮してライブを
観ていた中で気付いたのだからそれだけジェフリーの役目は大きかったのである。

彼のファルセット・ヴォーカルは在りし日の
カールや若き日のブライアンに勝るとも劣らない
素晴らしいものだった。それはライブの中の
「キス・ミー・ベイビー」や「アイ・ゲット・アラウンド」を
聴けばすぐにわかることだ。

そして彼は一人のミュージシャンとしても素晴らしいものを持っている。
それは2004年に発表されたアルバム
『スターズ・イン・サンド』を聴けばわかる。



どうやらこのアルバムがジェフリーにとってアメリカでの
初のまともなリリースになったようで、既存の発表曲も
いくつか含まれている。数年前に日本でドリームズヴィルからリリースされた
『12 & 12』でも聴ける曲があったりする。



どちらも購入可能(『Stars In The Sand』は困難の様子)だが、
全体的な曲や、山下達郎の「踊ろよ、フィッシュ」の名カバーが
入ってる事を含めると、前者の『スターズ・イン・ザ・サンド』の方がおすすめである。

で、その「踊ろよ、フィッシュ」のカバーだが、
これの出来が素晴らしい。そんなに山下達郎本人の
アレンジを変に変えなかったのも良い判断で、
少々80年代色を取り除き、英詩で歌ったという趣向だ。
この曲は歌いだしから高音のファルセットで
入ってくるのだがそのファルセットがヤマタツに
負けず劣らず美しい(この表現を多用しているが)。

こうして英詩でこの曲を聴くと、
やはり山下達郎がブライアン・マニアだという事が逆にわかるという
所も面白い。
英詩で聴いても全く違和感のない曲なんだと思ったりもする。

とにかくこれ以外も『スターズ・イン・ザ・サンド』には
捨て曲がないのでポップ・ファンには是非聴いてもらいたい
アルバムだ。本人中心の作曲曲がどちらかというとビートルズ寄りなのも
聴き所だったりもする。ブライアンのツアー・メンバーだと、
ワンダーミンツの面々の方が有名かも知れないが、正直言って
彼らの作品以上にジェフリーの作品は優れていると僕は思う。
posted by cafebleu at 08:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Jeffrey Foskett | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。