2005年12月31日

You Got Me

「90年代初頭のモダニストはアシッドジャズより」 by Corduroy


コーデュロイと言えばアシッドジャズ時代のモッド的な存在。
全盛期の頃のアルバム『ダッド・マン・キャット』がブッカーT&ザ・MGズを
思わせるようなほぼ全編グルーヴィーなインスト・ナンバーだったので
基本的には「インスト・バンド」というイメージが強い。



このアルバムはまさに当時の下北界隈のクラブでかけたりすれば良さそうな
「オサレ」なサウンドのインスト集。嫌いじゃないし、今でもふと聴いたりすると
中々クールで格好良い。生演奏なので変に古ぼけたりしないし。
ま、家でじっくり聴いたりするもんじゃないとは思うけど。

今日の曲「ユー・ガット・ミー」はアルバム
『ザ・ニュー・ユー』に収録された「歌もの」ナンバー。
このアルバムが出た頃にはブームもひと段落して
あまり大きな話題にはならなかったが、彼らにはあまり多くない
「全編歌もの」のこの作品、適度な60年代へのオマージュも感じて
中々捨て難い。

「ユー・ガット・ミー」自体は
跳ねるワウ・ギターのリフと全く跳ねないドラムの淡々とした8ビートが
対照的で聴いてるとクセになるような曲。こういっちゃ身も蓋も無いが、

「モッドな雰囲気」満載な一曲。



再発盤が出るまでアマゾンでもジャケ写真もないわ、
既に新品の在庫も無いわで相変わらずアシッド・ジャズの
雄に対する酷い扱いを感じる。音楽って本当に中々大事にされない。

でもこの曲、ベスト版にも入って無いんだよなぁ。
良質なバンドでもあっという間に淘汰されてしまう
今の音楽業界、もう少し何とかならないものか?
posted by cafebleu at 00:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Corduroy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。