2010年11月21日

最適経路 〜Pt.2〜「比較考量」

前項でカーナビとITについて御託を並べてみたが、別にそれを開発出来る
人間でも無い。要するにこの前の話は「〜なればもっといいね」という理想論で。
そう思わせるのはそれだけITとナビが進化してるという証左なので
その恩恵は有難く利用させてもらう。僕はそういう所は口先よりは尻軽である。

さておき、普通に取り付けが容易で近年は高性能の
ポータブルナビを物色してみることにする。

先ず最近ポータブルナビで良く目にするのが深夜の通販番組にて2万前後で
売られている『トライウィン(TryWin)』のポータブルナビ。

実際価格比較サイトでも大分値頃感のある感じだ。ワンセグ付き、5インチが
実売2万以下という状況だろうか。

安いというだけなら他にも怪しい会社やブランドは有るようだが、余り安かろう悪かろう
というのも嫌だし、何だか車にとって可哀想な気もする。

通販なんかで紹介を見ているとこれでも僕の用途では十分ではないかと思う。
普段はナビとして働いてくれるし、持ち出せばそれこそ歩きナビにもなってくれる。
何だか便利な気もする。TVはニュース、海外サッカー(地上波なら欧州CLくらいか)
プロ野球をたまに、NHK朝のTV小説くらいしか定期的には見ない。つまり普段は要らない。
なので、ワンセグで十分。地方で電波が受けれないならそれはそれで構わない。
そもそもチューナー付きでも別段手が届かないような値段にはならない。
まぁ携帯にも普通に付いているような機能だから搭載は難しくないだろう。

しかし、トライウィンって余り聞いたことが無いし、そもそも車載固定のカーナビだと
国内のメーカーって有名どころは大体決まってる、パナソニックのストラーダか
パイオニアのカロッツェリア、富士通のエクリプスとかその辺りが定番。

当然この辺りの会社はポータブルナビもやっているだろうし、ポータブルナビと
言えばサンヨーのゴリラやソニーのNAV-U辺りはむしろポータブルの世界で有名。

余り安物買いしても壊れなければそこそこ長く使うだろうから1万2万と言わずに
もう少しだけ幅を広げて使い勝手が良く愛着の湧く品を。
もう一つ言うと、ポータブルを選択肢にする際最初から気になっていたのがVICS、
つまり渋滞情報の取得とそれを考慮したルート案内である。ビーコンユニットを
装着しづらいポータブルナビの場合、VICSはFM電波から受け取ることになるが、
このFM-VICSに対応している機種は意外に多くはないのだ。アンテナの設置も
必要になるのでその辺りの難易度というのもあるのだろう。

最初に調べてみたのは『Strada Pocket』。メインの車載系Stradaはそのシェアの割に
評判も賛否あるし、僕も滅入ったほうなので気が進んでと言うわけではないが、
操作的には慣れているので、難しいことを考えなくても触れそうだなと。
大きく分けてほぼ車載ナビと同じ大型7インチワイドモニタを持つモデルと
ポータブルナビの定番サイズである5インチのラインアップ。
どちらも最新版では8GBの地図容量を持ち、上位機種にはFM-VICSを搭載、トランスミッタ
によるナビ音声とAV再生(ワンセグや動画、MP3など)機能も充実。必要にして
十分以上の機能を備える。

サイズとしては7インチが候補か。ポータブルナビとは言っても僕はそれを選ぶ目的と
言うのは携帯して歩きたいからではなく、設置が自分でできるし、前回書いたように
陳腐化するのを避けたいからというのが大きい。持ち歩くナビならSmartphoneがある。
僕の手元にはそういうものなら一杯有るので。

気になる所は前から指摘しているように、地図の案内精度に疑問を持っていること、
地図の画像が余り冴えないこと。案内精度はMINIに付けていたStradaのDVDナビ時代の
話なので、もしかしたら改善はされているかも知れない。しかし、昔から言われているが
カロッツェリアとかに比べて地図の画質が何となく冴えない。最も地図画像って下手に
綺麗すぎても見づらかったりするのだが、DVDナビの頃から時代も容量も進んでいるのに
それは相変わらずなのだなと思ったり。Strada Pocketは知人が利用していて触ったり
実際にナビ利用しているのを拝見させてもらったりもしてる感じでは使いづらくは
無さそうであるが。まぁ自分にとっても慣れたナビではある。

次はナビの王道『Carrozzeria(カロッツェリア)Air-Navi』
サイズは5.8インチワイドと4.8インチワイドとやや変則。本体を見れば分かるがサイドに
ボタンのあるデザインのためか。これは持ち運びも考えているのだろう。
5.8インチはほぼ6インチと考えれば問題はなさそう。Air-Naviの特徴として
渋滞情報をVICSではなく"スマートループ"という網を利用していること。
これはソフトバンクの3G網を利用した通信サービスで、渋滞と施設情報などに特化した
通信カードをオプションで契約することで利用出来るサービスだ。FM-VICSのように
フィルムアンテナを設置する作業も不要である。料金はここまで一定額打ち止めの従量制
だったようだが(105円〜2079円)、料金改定により新型からは月額525円になった。
これなら現実的な値段だろう。ちょうど前に紹介した『カーナビタイム』と一部が重なる機能。
こちらが525円固定なので合わせたのだろう。しかし携帯などと同じ2年縛りが
あるので注意は必要。最新の最上位機種でFM-VICSにも対応したので3G通信の悪いところで
FM-VICSを使うというような利用方法や3G通信を使わずにVICSのみでの運用も可能。

地図は8GBデータでこちらも問題ない。カロッツェリアは地図表示が美しいと言われるが
それをポータブルでもある程度受け継いでいる。
基本的にAV機能もワンセグは勿論動画、MP3再生なども備えるが、惜しいなと思えるのは
オーディオの出力がピンでしか提供されて無く、カーオーディオが入力端子などを
持っていない限り車内スピーカーからの出力が難しいところである。
トランスミッターを搭載することは難しいことではないからどうして機能に入れない
のだろうと思ってしまうが、カロッツェリアはカーステレオから派生しているので
敢えてそうしているのではないかとも思う。しかし、車内の装備をいじらずに
ナビを導入したいというのがポータブルナビを選択肢にする大きな要素の一つだと
思うので、ここは改善してくれないとCarrozzeria Air-Naviを選ぶのは
難しくなってしまう。PCで変換したライブ動画や映画を気軽に車内スピーカーから
出力したいって事、結構有ると思うのだがそれが簡単に実現できないAir-Naviを
選択肢にするのは少々厳しい感じに。

ここまでは車載専用ナビからポータブルへ派生した機種達と言えるだろう。
それに比べてここからは"ポータブルナビ"として最初から設計され、
販売されている機種になる。

ソニーの『NAV-U』は近年ソニーが力をいれているポータブルナビのブランド。
車載ナビの頃はXYZ(ジィーゼット)を販売していたものの、途中で撤退。
しばらくナビの業界からは距離を置いていたが、近年再度ポータブルで参入。
ソニーのイメージを考えるとこう言った多機能電化製品というのは得意分野の
ように映るのだが、こと車関係となるとカーステレオの頃から余り目立った
ヒット商品を残しているイメージが無かったりする。

ラインアップは3.5インチから6.1インチまで幅広いサイズを揃えるが、気合を
感じるのは大型よりむしろ小型サイズ。NAV-Uのターゲットというのは車中心ではなく
自転車やバイクのユーザー層を取り込むことを考えているのではないだろうか。
特に3.5インチモデルは自転車ユーザーにスコープを絞って、サイクリング中の
消費カロリーや自転車の交通ルールに沿ったルート案内を行う機能も搭載している。
近年の高級自転車ブームに乗って行きたいといった所だろうか。

逆に6.1インチの最大モニタサイズのモデルは1世代前のモデルのままで、地図データは
4GBと近年のモデルよりやや小さめである。VICSに関してもFM-VICSに対応したのは
最新の4.8インチモデルのみで、基本的には別売のビーコンユニットを搭載して
VICSに対応させている。勿論ビーコンユニットのほうが精度は高いので悪いことだけ
ではないのだが、VICSは自動車ナビには有るに越したことは無いのでユニット分の
出費が必要になる。設置も考えなくてはならないだろう。この辺りの考え方は
カロッツェリアの3G通信のほうがスマートではないだろうか。

また、これもCarrozzeria Air-Naviと同じくトランスミッターによるAV出力には
対応していない。ピンアウトのみである。

総じて見ると6.1インチモデルが世代が古いのと地図データも小さめなので、
買うのであれば設置が楽なFM-VICSにも対応した4.8インチモデルが選択肢に
なるのだろうが、何度も言うように持ち運びがポータブルナビ購入の動機では
無いことから考えると出来ればモニタサイズは近寄らなくても見やすいサイズの
ものが欲しいこと、カロッツェリアと同じくトランスミッターを搭載してないのは
僕にとっては痛い部分なので、コンパクトなマルチポータルナビというのが
コンセプトのNAV-Uは比較的早い段階で選択肢から消えることに。
ソニーのこう言ったコンパクトな家電(車電?)製品の技術は時折目を見張るものが
有るので気にはかけているのだが、自分のニーズとは合わなかったということか。

最後は三洋電機の『Gorilla』。StradaやCarrozzeriaが車載ナビの王道なら
Gorillaはポータブルナビの草分けである。最も車載固定ナビに関しても日産等の
純正ナビのOEMとしてナビは提供しているのでこの分野での知識は広い。

当初Gorillaだけは何となく気乗りしなかった。その原因は勝手なイメージなのだが。
そもそも、"ゴリラ"などというおおよそカーナビの商品名に相応しいと思えない
ネーミングセンスも如何なものかと思ったし、サンヨーが現在抱えている状況と
言うのも決して見通しの明るくないイメージがある訳で。

話が逸れるがサンヨー自体の機器というのは悪いどころか、技術的にその分野では
先端の一翼を担う物も有った。例えば日本の高度な携帯端末発展(所謂ガラケーの方)
に寄与してきた。特にau端末では一時期メイン機種の多くがサンヨー製だったので
auのユーザーにはそのイメージは理解できるだろう。au端末などは一時期三洋電機
本体と、グループ会社の鳥取三洋が別々に商品を開発するほどの力の入れようだった。

この鳥取三洋という会社は技術力に定評のある会社で、各分野で主力になる
商品を作ってきた実績が有った。ポータブルナビであるGorillaはその鳥取三洋に
よって開発された商品である。鳥取三洋自体は経営難による事業再編によって
三洋電機コンシューマエレクトロニクスという長ったらしい名前になった。
更にパナソニックの吸収合併により2011年を持ってサンヨーというブランド名自体が
パナソニックに置き換わることも決定している。

閑話休題、サンヨーにはこんな現実もあるので、Gorillaもどうなるのかというのは
有るのだが、まぁパナソニックが吸収するならサポートも無くなることはないだろうし、
そもそも、パナソニックはStradaという競合商品も存在するので今後はどういう風に
商品を合併していくのかというのも興味が有るが。

こんな事情や、当初ポータブルナビというのは、ナビを付けられない車や商用レンタカー
などでナビが付いてない車種をナビ付き希望でレンタルすると取り敢えず付いてるような
物というイメージがあり、そういうのに良く設置されていたのがGorillaだった記憶も
手伝ってこれは無いだろうなと最初は思っていた。

しかし、調べてみるとポータブルナビの世界ではGorillaが明らかに性能的に一つ
抜きん出ていることが良く分かった。ラインアップの豊富さもさる事ながら
既に16GB容量の地図データやワンセグではなく12セグ(フルセグ・通常の地デジ)への
対応機種など、上位機種ではもはや敵はポータブルナビではなく、車載ナビを
意識している。その分上位機種は値段もそれなりにするので、ブランドを
車載向けのポータブルも出来るフルナビという位置づけの『Gorilla』とより
ポータブル性とリーズナブルな価格設定に絞った『Gorilla Lite』の二本立てである。

ポータブルで定番の5.2インチ、通常の車載ナビのサイズである7インチに加え、
ダッシュボード上で小さすぎず、大きすぎず調度良いと感じる6.2インチの三種を
揃える『Gorilla』のほうがやはり魅力的か。勿論こちらのブランドにはほとんどの
機種でFM-VICSに対応しており、更にはAV出力にFMトランスミッターも付いている。
ドコモの3G通信機能搭載モデルも有るが、まだ一機種だけで実験的な感じ。
今回それは僕の中でカーナビタイムを選ばなかった時にすぱっと切り捨てているので
問題にはならない。

問題は多機能故にやや値段設定が高めなことである。しかしながらGorillaの良い所は
最新機種が出ても一つ前の機種などをすぐに終売にしないところで、例えば最新機種に
付いているフルセグ機能はTVを余り見ない自分にはそれほど重要ではないし、
6インチや7インチの大型端末を持ち歩きナビに使うこともない。そもそも地図ソフトが
入っているスマートフォンならiPhoneだけでなく、4インチのモニタを持つIS02も
持っているから持ち歩きにナビは必要ない。

その辺りから機能の有無を調べていくと、ワンセグ機能のモデルで、
バッテリーは搭載していないが、6.2インチのモニタは搭載し、地図データは
8GBのモデルを発見した。地図データは16GBのモデルが最新だが、他社では
まだ採用されていない。地図データは大きければ画像の質や詳細地図等の向上が
見込めるが、元々近年のGorillaは地図画質が良いと評判が高いので8GBでも十分だ。
元々5インチよりは大きいモデルが欲しかったので6.2インチというのも調度良い。
そんな中で値段的にも性能的にも一番近い機種がNV-SD630DTAだった。

車載ナビとの大きな違いの一つがポータブルナビは車速が取れないので、特に
GPSの届かないトンネルなどに入ってしまうと自車位置が分からなくなるというのが
有ったのだが近年のポータブルナビは高精度のジャイロセンサーを備えているので
先ずトンネルに入ったからと言ってナビゲーションが出来なくなるという事もない。
この辺りは各社それなりの機能を備えているのだがゴリラジャイロは古くから
ポータブルナビを扱ってるだけに精度が高いと言われていたのでその辺りもポイントに。

そんな訳で調べてみると、気乗りしなかったGorillaが性能、サイズ共に最も
必要としている部分を抑えているし、やはりポータブルナビに対する気合が
違うと感じたので先ほどリストアップしていたNV-SD630DTAを購入した。
値段もこのサイズでこの性能の物としては納得の値段で見つけられた。
ちょうど後継機種が最近出たばかりだったのもお得に買えた原因の一つかなと。

搭載はそう難しいことも無くて、FM-VICSのアンテナだけは多少時間がかかったけど
それでもトータル1時間程度ですぐに車載ナビと遜色ないどころか、一昔のDVDナビ
なんて全く及ばない位性能の良いナビを入手することが出来て満足である。

やっぱりリサーチって大事だね、この情報時代、勢いやインスピレーションだけで
高価なものを考えもなく買ってしまうって、少しも得することは無くて、値段、性能
なんかも調べればすべて分かってしまうし、評判だって悪いものはすぐに広まる。
僕も時折勢いだけで選んでしまうことが有るのだけど、高価なものはさすがにITの
人間なわけだからちゃんと目の前にあるPC位は使いましょうという事は再認識。

なんだろう、MINIの括りが無くなってからEOSといいナビゲーションといい先ず
自分の必要なもの(4座オープンで少し大きめかつ出来れば2L位のエンジン)とか
そういう条件に有ったものをどんどん追求した結果のもので、どうも車種や
ブランドを置きさっているような気もしてきたけど、これも自分らしいんだろうな。

良く分からないけどこの辺でカーナビ編は終了で。


【関連する記事】
posted by cafebleu at 02:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Car Navigation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。