2007年11月25日

McCartney Years DVD 001

”ポピュラー・ミュージックに在るべきもの全て”

〜『The McCartney Years』 DVD BOX〜



仕事で買い遅れてしまったが、週末ようやっと購入した。
ついでに『フラワーズ・イン・ザ・ダート』に伴うツアー・リハーサルやアルバムについての
コメントなども語られている『プット・イット・ゼア』も廉価で発売されていたのでそれも入手。
こちらについては後々。

それにしてもここまでポールのプロモをちゃんとした形でまとめられていなかった
事自体がある意味で驚きだったが、待たされた分盛りだくさんの内容となった。

『ロック・ショウ』のように既出の映像も有るし、『アンプラグド』のように音源では
すでに有名な物もあるのだが、それらも含め、DVDに収められた音源全てが
新たにリマスタリングとリミックスを施され(5.1chオーディオも有り)、曲によっては
今までと比べ物にならないほどダイナミック・レンジが拡がり、埋もれていた音もクリアに
なった。更にはアルバムなどとは別テイクなんかも収録され、映像は勿論だが、
音源としてもファンにとっては聴き所満載の素晴しいプロモ集になったと言える。

元々DVDの音源再生形式と言うのは、今となってはかなり古いデジタル規格である
CDに比べて基本フォーマットの時点でかなり有利なのである。
今やCDの規格(16bit 44.1KHz)と言うのはデジタル音源としては高品質とは言えず、
個人がデモ録りでPC上の録音ソフト(DTM)やデジタルMTRを使っても普通にその品質を
超えた録音(例えば24bit 48KHzなど)が何の苦も無く出来る時代になっているのだ。

CDに比べ高ビットレート再生が可能なDVDの方がより高音質な再生が可能なのだ。
また、5.1chミックスのような多チャンネル定位のミックスなども環境によって
楽しめるようになっている。

実際に現在ではプロなどでも録音の際は高ビットで録音自体は行って、最後にCD向けに
ビット・コンバータなどをかけてCDフォーマットのミックスを作るのが普通に行われている。
そうする事によって少しでも音質を落とさないようにしているのだ。

そういった恩恵もあって、とにかく音の良いミックスがこのDVDには収録されている。
勿論映像も、既に観たものは多いのだが、そのどれも現在ではYoutubeやブートレグ
などを除けば観る事が難しく、それらは高画質を望みづらいので、その点でも素晴しい
クオリティでプロモを鑑賞する事が出来る。

「ポールはライブの人」と言うのはファンならずとも知られた部分だし、実際解散後の
ビートル達でこれほど定期的にツアーを行っているのはポールだけだ。
なのでライブの音源や映像はそれなりのマテリアルが昔から揃っていた。

それが充実していた故か、逆にこれだけ製作されてきたプロモは逆にリリース時以外
はそれほど陽の目を見なかったというのは皮肉な話だ。

ポールがライブで元気なのは僕が言うまでも無いのだが、基本的に
メディアに露出するのがどんな形であれ嫌いではない人だろう。
それを証拠に、ビートルズ時代でも映画『マジカル・ミステリー・ツアー』では一番の
イニシアティブを握っていたし、酷評されたとは言え、『ブロード・ストリート』のような
パラレル・ワールドの自分を描いたような映画だって製作している。

つまりライブの形を取らずとも元々映像作品にはそれなりに力を入れる人なのだ。

勿論出来については作品にもよるし、賛否両論はあるだろうが、ファンにとって
「グッドナイト・トゥナイト」や「カミング・アップ」のようなプロモは愛すべきものである。
それらが高画質、高音質で収録された本作には本当に価値があるし僕としては
素直に喜びたい。

それにしても、質の高い映像と音源を通して次々に流れるポールの楽曲と言うのは
こう言ったベスト盤的選曲も手伝ってか、圧倒的ですらある。
いくらポールのファンとは言っても嫌いだったり、ヒット曲でも自分ではピンとこない物は
いくらでもあるのだが、このように矢継ぎ早に流れると、好きとか嫌いに関わらず
思わず口ずさんでしまうような、そんなキャッチーでポップなメロディを持つ楽曲の
目白押しである。

”キャッチーでポップな”と言う例えをポールを表現する人は良く使うだろうし、
僕もそうなのだが、例えばキャッチーでポップなポールらしい曲の典型と言うのは
「ハロー・グッドバイ」のような曲だろう。この曲は今作の収録曲ではないが、
個人的には「ポップ」に必要な要素をほぼ兼ね備えた物凄い曲だと思っている。

もっとも若い頃はむしろ、濃密かつ実験的な曲の多い中期ビートルズの楽曲の中では
比較的ストレートで、『サージェント〜』や映画『マジカル・ミステリー・ツアー』に収録
されているようなサイケな音像で実験的な要素の漂う曲(「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」
「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」「マジカル・ミステリー・ツアー」など)に比べると、
普通のシングルっぽく感じて上記のようなインパクトを感じていなかった。

しかしながらこの曲の凄いところは、普通のシングル的なポップソングであるのに
サビらしいサビが無い所である。いやむしろ楽曲全部がサビのようなメロディなのだ。

普通の売れ線なポップ楽曲と言うのは、普通AメロやBメロが有って、場合によっては
更にメロディを挟み込みながら覚え易い”サビ”に向かっていくのである。
わかり易い典型が同じくポール作である「ノー・モア・ロンリー・ナイト」等だろう。
あの曲の場合、静かでやや控えめなAメロで始まって、呼応しあうようなブリッジ部分を
経て楽器全体が入ってくるサビへと繋がる。サビではタイトルがリフレインのように
コールされて覚え易さを増長するような効果を得ているのだ。

それに比べると「ハロー・グッドバイ」は、イントロ無しでいきなりキャッチーな歌が入り、
そうこうしている内にギターのチョーキングが入ったかと思うと決めのような
”You say goodbye, and I say hello”と言うフレーズが続く。
通常楽曲的にはここで一旦ブレイクを挟んだりするような箇所なのだが、間髪居れず
キー・コードの下降循環と言う、コード展開的には一番覚え易い部分、つまり一般的には
サビ的なパートに入るのだが、逆にここの歌メロは意外と大人しく、ここまでの展開が
激しいので聴いている方はある意味カオス状態になって何処がサビなのかさっぱり
わからなくさせてしまうのだ。

普通、サビを際立たせるために意図的にAメロを単調にしたり、奇妙なコード展開を
使ったりするのが”ポップらしいポップ”なのに、ポールのそれはそういう決まりごとを
全く逸脱している。もしこれを凡人がやれば、Aメロの良さもサビのメロディも全て
相殺しあってしまい、曲自体として成り立たなくなるだろう。

しかし、そんな”メロディのカオス状態”でも全てのパートを覚えさせてしまうポールの
メロディ・センスと言うのはやはり半端なものではないのだ。
そんな事に気づいてから「ハロー・グッドバイ」が凄いポップ・ソングだと思うようになった。

実はポールはわかり易いサビへ向かうような楽曲より、何処がサビなのかわからない様な
楽曲の方が多かったりするのだが、それを話してるとDVDの話どころではなくなるので
機会があればその時にでも。

ソロやウイングスの楽曲と言うのは時代背景やその時のポールの嗜好を反映して、
必ずしも「ハロー・グッドバイ」のようにメロディからアレンジまで”ポップ”な訳ではない。
しかしながら続けざまに聴いていると、それがハード・ロックでも、80年代らしい音でも
やはり根底にポールらしい”メロディのカオス”が忍び込んでいて、どれも知らずの内に
覚えてしまう。

本人は「アメリカのハイウェイ・ソング風」なんて言っている「いとしのヘレン」でさえ、
アレンジはハードだが、ふと口ずさんでみると、とてもポップな部分が有ったりするのだ。
それは「ジュニアズ・ファーム」のような曲でも同じ事だろう。

やっぱりポールの事になると長くなるなと思いつつ続きは次回に。

最後に今回のDVDでは様々な事情から意図的に外されたと思われる
アルバム『ドライビング・レイン』からのクリップ「ロンリー・ロード」を。


「Lonely Road」 PV Paul McCartney


posted by cafebleu at 04:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Paul McCartney | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。