2013年09月29日

習作を屡々描くとき 〜その1〜

ワイン好き気取りは休んでブログらしく。

最近バンドの方向性をがらっと変えた。
それはビートルズやその周辺をカバーすることに一段落してしまったから。

アイデアはまだ出ると思う。でもそれを聴いてる人が望んでないのが
ビートルズ・イベントの宿命だと思う。「アイル・ゲット・ユー」の
コードを下地にスタカンの「ロング・ホット・サマー」のアレンジを合わせる
なんて自分しか思いつかないモッド解決だと思うのだけど、じゃあそんなの
一体誰が聴きたいのかって言うことになる。

ビートルズを演れるハコでアレンジしまくって何度か聴いてる人を凍らせた
事は有る。特に大塚ウェルカムバックのビートルズイベントはコンサバな人が
多いから、僕らがソウル風にアレンジした「オンリー・ラヴ・リメインズ」を
演った後なんて拍手すら無かったものな。まぁ原曲自体もかなりマニアックだけど
それを全然違うリズムと楽器編成で演ったら余計に分からないだろうからね。

下北沢Breathに今はメインで出させてもらってるけど、流石に90年代サブカルの街
下北だから当初はもう少し理解してもらえてたと思う。サイケでトラッドな
「コールド・ターキー」を凄く褒めてくれた人も居たし。

でも2010年に開店して、だんだんとビートルズのハコとして知名度が上がるにつれ
他のビートルズイベントで観たなって言う人がどんどん増えてきた。
で、何となくイベントの時は完全にコンサバな雰囲気が覆うようになってきて。

勿論そうやってビートルズのハコとして知れ渡ってくれることがBreathにとっては
良いことだからこれからもいろんなビートル・カバー・バンドに出てもらうべきだけど
そうなってくると僕らの役割はお役御免だなって思うようになってきた。

それにアレンジはやっぱり勝手なエゴだと言われたらそうなのかもしれない。
他人の土俵からベース(基礎)を持ってきて勝手にいじくり回して悦に浸ってる
そんな風に思われても仕方ないかも知れないとは思う。僕だってオーディエンスとして
観ていて、アレンジしまくるバンドが出てきて、もしそのアレンジの方向性が自分の
世界と合わなかったら気分悪いもん。

僕はアレンジすることで他のコンサバなバンドさんとかビートルズのレコードよりも
クールだろ?なんて言うつもりは少しも無くて、むしろそのまま演ることが出来ないから
僕なりにビートルズとそこから枝葉が繋がっている人達のエッセンスを混ぜてみたら
30代のビートルズ好きとして、90年代サブカル育ちとしては素直なスタイルなんじゃないか
って思っていたのだけど、最後はやっぱり僕らの力不足も有るだろうけど、余り良い反応は
帰ってこなくなってきて、自分たちも「どうせ分かんないだろう」って気持ちが音に
乗ってたと思う。

その後、バンドをどうやって行くかとメンバーと話していた。
メンバーったって、ベースもパーカスも含めたフルバンドでは結局2度しかライブを
出来なかった。2011年2月のマクレーンズさんとのライブ、2012年10月のハロウィンライブ。

2011年のライブは直後に大震災が起きて暫くの間はバンドどころではなくなってしまった。
僕は仕事で大阪に行ったっきりだった。2012年はこの時期に僕が体調を崩して休みがちな頃
ライブ直前までとても調子が悪く、ギリギリの所でようやっとやったライブだった。

こんな風にフルメンバーの時は何となく間が悪く、後が続かない。結局モダン・プローブを
名乗ってからというもの、ライブの回数は軽く10回を超えてきたけど、その9割は相方と
二人でアコギを鳴らしてしっとり歌うような"アコースティック・デュオ"形式が殆ど。

元来アコギでコードを弾きながらしっかり歌うってスタイルが好きだし合ってると思うけど
正直それしか出来ない状態が続いて自分ではもううんざりしてしまってる。
僕がリズムギターでテンポ作って、で、朗々と歌うって何か精神的に疲れるんだわ。
僕は自分がリズム・ギタリストとは思ってないの、実は。普段は間違いなくそういうタイプだけど。

で、構成からどうしようって話になった。
ドラムのCoRingoがようやく活動に復帰できると。とは言えベースレスで
ドラムが有ってもホワイト・ストライプスとかじゃないんだから無理がある。

相方のRYOはバンドで一番k器用だからベースもキーボードもこなす。
僕も一応ひと通りはできるけどキーボードは途中からコンピュータ頼りに
なっていったしほとんど今では弾かないので心許ない。

まぁ3ピースならギター・ベース・ドラムって構成が普通だからキーボードは
ともかくとして、ギターとベースは一先ずライブごと位に担当を決めて僕とRYOで
とっかえひっかえで良いかと。どちらもベースでバンド演った経験は有るし
昨年ウイングスのイベントに出演した時はドラムに幼馴染で高校生の時から
散発的にバンドやセッションをやっている仲間と一緒にベースがRYO、ギターが
自分という編成で「ソイリー」や「レッティング・ゴー」のようなソリッドな
ナンバーを中心に披露した。僕にとってはハードロックと言って良いスタイルだ。
このくらいソロとギターサウンドを中心に縦ノリでやるのは高校生以来だった気がする。

という訳で3ピースでモダプロは出直すことになったわけだけど、最初に書いた通り
僕らは大分お世話になったビートルズからは一旦距離を置くことにしたし
(思えば前身のWater Lane Westを含めば2007年から2013年まで、少なくとも
僕とRYOは散発的に何らかの形式で6年もビートルズ関連のカバーイベントに出続けたことになる)
何をやろうって話から始まった。

僕らの青春はビートルズだけではない。その周辺の60年代やザ・バンドとか70年代の
ルーツ・ロックと言われるものやニューソウル。そういうレトロブームの真っ只中に
多感な年頃だった訳。

その空気も有って輩出されるバンドもそんなレトロなカラーを纏った人達が多かった。

言わずもがなの"ブリット・ポップ"や"パワー・ポップ"若しくは"グラスゴー"とか
"ネオ・ネオ・モッズ"なんて括りはレトロなものがクールという雰囲気が作り出した
サブカルチャーの一つであった。あ、"スウェディッシュ・ポップ"なんかもそうだと思う。
日本だったら"渋谷系"。僕はこの括りが大嫌いだったけど、今聴くとオリジナル・ラブなんて
かなり良い音楽を演ってるななんて改めて思ったりもする。

そういう所をもう一度、再発見したい。そんな勿体ぶった言い方でなくとも
自分たちの青春はそんな所に有ったのだからそういうのをカバーするのって有りなのでは?

実際90年代に活躍したバンドの再結成が目立つ。グラストンベリーのブラーは感動的だったし
ドッジーやキャスト、スウェードだって再結成してる。こんな再結成も時計が一周り
したんだなと、そんな感じがしている。


「Country House」('95) blur 全盛期だね、調子にのってるなぁ(笑)


「Girl Friend(TV Live)」('92) Matthew Sweet ロックな演奏。マシューがまだアイドルっぽい!

じゃあ90年代のカバーから始めようかって方向性だった。

でも、Co-Ringoの一言で少し方向が変わっていく。


長くなったのでまた次回。最近昔ほどゆっくり書いてられないし
前より文を書くスピードが落ちたな。。書いてないからだろうけど。
posted by cafebleu at 22:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

ぶどう酒のつぶて その2

更に続く。

そんなに飲めないのでこれで一旦落ち着くと思う。

・フランシスカン・エステート ナパ・ヴァレー シャルドネ 2008
・総評3.4
・品種 シャルドネ
・生産地 カリフォルニア ナパ・ヴァレー
・風味 白辛口


IMAG0136.jpg

SIMIとは産地、価格帯ともガチンコのライバルと言えるのがフランシスカン。
店に2008年物と2006年物が置いてあったので、僕的に2008年はそれなりに
メモリアルな時期になったのでそういう気分から購入。

何でも道を挟んで高級ワインで有名な「オーパス・ワン」の畑があるようで
そういうナパ・ヴァレーの恵まれた大地が産んだシャルドネ種である。

味はSIMIより大人な味というか、開けて1日くらいの時が適度に空気を含んで
美味しかった。辛口でも感じるシャルドネ種のまろやかさを感じた。

ただ、個人的にはSIMIの方に軍配かな。ちょっと印象に残りづらいというか
良くも悪くもカリフォルニアの割にキャッチーではない気もする。
売り文句でも、オーク樽で熟成され桃やりんごのような風味にカリフォルニア
ワインらしいバニラのようなクリーミーな香りが漂う、と書いてあるけど
そんな折り重なったような味わいまでは行かなかったかな。

トータルでは悪くないのだけど、シャルドネを飲んでますよ的な
くどい香りとフルボディ感までは感じられず。

SIMIシャルドネに負けず劣らずの人気商品なんだけどね。
好みの差なのかな。


・ピポリ ビアンコ グレーコ・フィアーノ 2012
・総評3.6
・品種 グレーコ/フィアーノ(各50%)
・生産地 イタリア バジリカータ州(イタリア南部)
・イタリアワイン格付け:IGT
・風味 白辛口


IMAG0134.jpg

家のみでは初のイタリア・ワイン。土着品種の掛け合わせで作られた
バランス型のワイン。当初は買う気なかったのだけど、お店の人の
イチオシワインだったので素直に聞いてみる。

お手頃イタリア・ワインって瓶やシールのデザインからして結構格好良くて
調子よい感じがするのが良さでも有るのだけど、家ではもう少し重い味やニッチな
世界を楽しんでみたいと思ってしまうところもある。
しかしながら、例に漏れずこのワインもデザインからして中々格好良い。

フルーティな香りで、ボディも強すぎず、酸味も有ってイタリアンに良く合いそう。
柑橘系の印象が強く、売り文句になってる桃の風味も確かに言われれば感じるけど
どちらかと言うとグレープフルーツとかそちらを思わせる。

イタリアンに関わらず食事のお供に良く合う。反面ワインだけでストイックに飲んでると
若干さっぱりしていて酸味が少し僕には強めかな。ちょっと体調や飲み方によっては
酸味が気になる時もあり。後はシャルドネみたいな重いワインが好きな向きには
ちょっとカジュアル過ぎる時も有り。

ネットなどでは1000円台前半で売ってる店も有り、コストパフォーマンスに優れてる。
値段を考えればとても良いワイン。洒落たイタリアンの時、隣に置いておくだけで
絵になるようなワイン。


・ケスター・ウォルフ シルヴァーナ・クラシック2011
・総評2.0
・品種 シルヴァーナ
・生産地 ドイツ ラインヘッセン
・ドイツワイン格付け:クーベーアー
・風味 白 強辛口


IMAG0153.jpg

個人的には楽しみにしていたドイツの辛口ワイン。ドイツと言えば日本では
甘口の白ワインがメジャーだけど、実際ドイツ自体ではそういう訳でも無く
ワインの生産量は最近ではむしろ赤ワインが急増してるとか。

そんな訳で強いキレがあるとお店で奨められて楽しみにしてしていた一品。
値段は1000円台中盤で購入できるお手頃ワイン。さて、味のほうだけど、、

先ず、スクリューキャップなことに驚いた。え、1000円台後半のワインでスクリュー??
いきなり不安な立ち上がりだけど、まぁドイツだから合理的なのかもしれないと
思うことにして、グラスに注いで香ってみる。あ、ヌメロ・アンの時とよく似た違和感。。
獣っぽい匂いがする。。僕の苦手なやつ。。結構冷やした状態でもそうだから強めに匂う。

フルーティな香りがするって書いてあるけど、先ずこの獣っぽさが気になって仕方ない。
味はかなりの辛口、白ワインのもったり感を一瞬で奪っていくようなドライな飲みくち。
それ自体は悪く無いと思う。大人な味。でもワインって香りが味わいの多くを占めるので
先ず香りが好みでないとそんな飲みくちもむしろマイナスに。。

一部では評価が高いので僕との相性なのかもしれない。玄人志向について行けないだけかも。
でも香りを楽しめず味は辛くて一瞬でまろやかさを奪っていくのでは深みが無いような味に
感じてしまう。要するに安くてクセのあるワインを飲んでるだけのように感じる。

シルヴァーナ種は癖もなく辛口に適したぶどうと言われてるけど、結構な癖がこのワインには
有った。ドイツのワインを楽しみにしてたのにちょっとガッカリ。。やっぱり白ワインは
もう少しお金をかけないと美味しい!ってのには当たらないのかな。

ちょうどピポリ・ビアンコと一緒に買ったのだけど、同じ値段帯と考えると
改めてピポリ・ビアンコってコストパフォーマンス高いんだなと思いつつ。

ドイツワインはもう少しリサーチしてから再チャレンジしよう。

それにしても、スクリューキャップって無いよな。


・SIMI(シミ) ソーヴィニヨン・ブラン 2010
・総評3.8
・品種 ソーヴィニヨン・ブラン
・生産地 カリフォルニア ソノマ・カウンティ
・風味 白 辛口


IMAG0156.jpg

たいして飲めないのに冒険し過ぎてちょっと思う味に出会えて無い気がするので
一旦普通のワインに戻ることにする。ミドルレンジの定番SIMIソーヴィニヨン・ブラン

SIMIのソーヴィニヨン・ブランは最近出たようだけど、開けてすぐ違いに気づく。
確かにソーヴィニヨン・ブラン特有の癖の有る香りはするのだけど、それは獣っぽいと
言うよりは、良く言われるアロマ感のある香り。やはり飲みやすい観点に立ってる。

口に含むと辛さのキレはSIMIシャルドネと変わらず辛口ワインとしては少し緩めで、
フルーティな味わいを感じながら辛さがゆっくり立ち上がる感じ。

ワインは好みの差だろうけど、やっぱりこの価格帯だとSIMIに外れなしと思わせる。
ソーヴィニヨン・ブラン、白ワイン通向けの味香だと思うので、僕みたいなそれ程
飲んでない者には合わないのが多いのだけど、やっぱりSIMIのは口にあうようで
こういう少しの癖とそれを支える味わいがあるワインには何れハマるのかなと思う。
違和感って後で良くなるんだよね。
posted by cafebleu at 14:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 白ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

ぶどう酒のつぶて その1

今年の出張行脚で一番の副産物と言うと、酒が少し飲めるようになったこと。

何故かというと、まる1週間とか仲間と仕事でホテルに缶詰生活になる。
出張なのでいつもと違うところには居るけど、さりとて仕事なので余り
色んな所をフラフラは出来ない。
でも大体泊まるホテルは街中なので、じゃあ仕事が終わったらせめて
美味しいものでも食べて、で、ホテルに寝に戻りましょう。みたいな生活になる。

そうなると時間も遅めなので居酒屋やバルとかそういう所で食べ物が美味しいところ
そういうチョイスになっていくのである。

結果付き合いも兼ねて酒を飲む、どうせ飲むなら比較的味が美味しいと感じる
ワインにしましょう、あぁワインって同じ白でもこんなに色々味が有るのね。

とかやってる内にだんだん耐性が付いてきて、ワインが楽しく飲めるようになってきた。

元々酒の何がダメかというと、直ぐ酔っ払うと言うのも有るけど
何よりも飲み続けると頭痛が酷くなるので酔い心地以前に身体が調子悪くなるのだ。
特にハイボールがダメで、味は好きなんだけど直ぐに頭が痛くなってしまう。

だから長らく酒に凝ることも無かったし、今も飲まないと居られないと言うのは
無いのだけど、白ワインと自分は相性が良いようで、度数が高いから酔っぱらいはするけど
余り頭が痛くならない。これはちょっと発見だった。

だから飲む時は酒を色々頼まないで白ワインだけ頼んでれば思ったより飲めることに気づいた。

そうなってくるとワインは奥深い世界なので、色々飲んでみるのが楽しくなってきた。
そういうわけで今回は最近飲んだワインの味を忘れないように備忘だけ。
僕は詳しいわけではないので一般論になってないと思うしそこまで深く分かってないので
独断と偏見、自分が美味しかったワインを覚えておきたいということ。

・SIMI(シミ) シャルドネ ソノマ・カウンティ 2011
・総評4.0
・品種 シャルドネ
・生産地 カリフォルニア ソノマ・カウンティ
・風味 白辛口(実際は香りが豊かなせいかシャープさがほどほどでやや辛口くらいに感じた)


IMAG0133.jpg

カルフォルアのワインはキャッチーで初心者でも分かりやすく良い香りと味がすると
いうけど、SIMIのワインは本当に初心者の僕でもわかりやすいふくよかな香りと味がする。
シャルドネ種ってこんな香りと味かなっていう理想形の味がする。

バニラのような甘い香りがグラス上部に漂い、口に含めばまろやか、でも
辛口のキレもそこそこに有るので飽きずに喉を通って行く感じ。

ソノマ・カウンティを代表するミドルレンジ最高峰ワインの一つらしく
シミに外れなしとまで言われてるとか。

まだ相対評価が出来ない段階だけど、やっぱりこのワインは美味しいと思う。
初心者にオススメな"らしい"白ワイン。


・ドゥルト ヌメロ・アン ソーヴィニヨン・ブラン 2011
・総評2.4
・品種 ソーヴィニヨン・ブラン
・生産地 フランス ボルドー
・風味 白辛口


IMAG0137.jpg

本場フランス、ボルドーのワイン。結構メジャーな商品のよう。
何か合わない。特に香りが自分に合わない。ソーヴィニヨン・ブランが合わないのか
店の保存状態が悪かったのか。世間でも評価が低いわけではないのだけど。
まぁボルドーといえば赤ワインなので、違うのかな。
まだ自分がわかってないせいかも知れないけど店でもフランスのワインより
他の国のワインのほうが合うことが多いんだよね。

ソーヴィニヨン・ブランが結構白ワインでもある程度飲み続けてる人向けだとは
聞いてた。シャルドネと対照的に青臭いというか、クセのある匂いのワインが多い。

とは言ったもののソーヴィニヨン・ブランってこんな匂いだったっけ?
むしろフランスではこちらのほうがらしいのか、良くわからないけど香りに違和感あり。
ワインは香りが合わないと飲み辛いし続かない。

まだ高いワインを買うにはもう少しこの位の値段帯を飲んで味を知ったほうが良いと
思うのだけど、普通2000円台のワインは美味しく頂けるので保存状態か相性なのか。


・サッポロ・グラン・ポレール 北海道ケルナー 遅摘み 2011
・総評3.8
・品種 ケルナー
・生産地 北海道
・風味 白やや甘口(実際はかなり甘口に感じる。デザートワインのような豊かな香りとまろい味)


IMAG0132.jpg

結構WEBなんかでも評価の高い国産ワイン。日本のワインといえば甲州(山梨)とか
僕の第二の故郷、信州(長野)も有名だけど、寒暖と豊かな大地のイメージで北海道ものを。

このワイン、開けて最初に飲んだ時の飲み口の良さは結構衝撃的。ホントに
飲み口が優しくて飲みやすい。でもジュースとは違う。強いて言えば美味しくて
甘い梅酒を飲んだ時の感覚に近い。香りも豊か。

甘口売りなので味にシャープさなどは無いし、そうなると得てして甘いだけのワインに
なりがちなんだろうけど、これは美味しい果物を頂いてる、そんな感覚に陥るワイン。

デザートワインと言っても良さそうな、それに近いフルーティでスイートな感触の有るワイン。
作りも丁寧で日本のワインはびっくりするほど飲みやすい。

ただ、ちょっと上手に作り過ぎてる気も。違和感って最初否定的になりそうになるけど
実はそれこそが個性を生み出してる事、音楽でも有るよなって。それが無い。
全てスムーズで上品でまろやかなんだけど、こう癖も有って良いかなって。偉そうだけど。
全ての日本のワインがそうなのかはまだそれ程飲んでないので分からないけど。

あと、何となく食事には合わないかな。香りも相まって甘さが強く感じるので。
後開けてから数日で結構味が変わりやすい。僕は量を飲めないのでどうしても1週間くらい
かかってしまうのだけど、最後は甘いだけでワインっぽさが無くなってしまった。

北海道ケルナーには辛口も有るので今度試してみようと思う。


今回はこんな感じ。特に高級ワインではないし私感なのだけど
自分的に覚えておきたいので。今はイタリアとドイツの白を買った。
土着品種系なので、今までと違う味わいを楽しめるかな。

あとはソーヴィニヨン・ブラン。嫌いなはずはないので鉄板のSIMIで
行くか、他のを試すか。。
posted by cafebleu at 16:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 白ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。