2009年05月25日

MAID in Heaven

随分と間が空いたけど。

おそらく自分のブログの傾向として、年が変わると更新が
滞りやすい。何でかはわからないけど、気分一新すると
かえって塞ぎ込んでしまう性分なんだろうか。

それとも一年の過ごし方が先行逃げ切りみたいに最初に
集中して、余り他事に気を取られず集中しているという事
なんだろうか。

おそらくそのどちらの要素も当てはまるが、ここで深くは言及しない。
表題からフレディ先生のゴージャス世界満載かつ、自分の後を
予期していたかのような題名の楽曲ですね、とかも関係ない。

年明けはCCNP資格のコンプリートを目指して自分に鞭打ち、
ONT辺りまでは書いた。その後、一か月でISCWも取得。
この辺りは勢い一発で、やはり自分の身も安定していないので
どんな事になってもキャリアを見失わない様にする為に力を
振り絞った。僕みたいなろくに勉強が出来ない学生だった人間でも
追い込まれれば出来るものでは有るし、大人の勉強に必要なのは
結局最後は気合だけのような気もする。

その後、諸般の事情で業務契約が変更になったりと、事務的な
変更も少なくなかった。別に職場と業務自体は変わらないのだけど。

CCNP関連の話題に関しては今回はそれが話題ではないので
これもまた、今回はこれ以上書くことも無い。

ブログとは言っても、言わば自分のそれは短文をひたすら連ねる
中川翔子スタイルでも無し、さりとて音楽の話題もバンド活動なども含め
完全に停滞している状態なのでギターもろくに弾いていないし、
音楽も特に何かについて長文を書こうと思うほど時間も余裕も無かった。

まぁそれだけに値する事でも無いんだなと。

正直繁忙期で疲れ切っていたと言うのも有り。

で、どうして日記を書く気になったかと言うと、久々に新鮮な「経験」をしたから。

日曜は久々に何にもなくて昼まで寝てた。
でも、友人が自作PCを作りたいと云うのでアドバイザー?として
手助けしましょうと。既に自分のPCは自作では無いし、Dos/V系の雑誌も
まったく読んでいないのだけど、一度染みついた経験があれば
どの組み合わせで買えば間違えないかくらいは何となくわかるものである。

仕事とかではともかく、最近プライベートで秋葉原なんて行ってなかったなと
思いつつ、夕方前に到着した秋葉原は相変わらず不況知らずな賑わいで。

友人に予算に合ったベスト・プラクティス?を薦めつつ、僕もちょっとしたパーツを
久々に購入して、4時間くらいの買い物は終了。気が付けば良い時間に。

友人は比較的自作としては潤沢な予算を用意していたので結局AMDの
最新アーキテクチャであるPhenomUx4と言うクアッド・コア+Radeon4800系
VGAと言う、普通の用途で性能を使いきれるのかという贅沢なスペックに。

久々自宅ヲタを自分も他人事ベースで行い結構懐かしくも楽しかったが、
これもまた、今回の更新の目的では無かったりするわけで。

一日あれこれとアドバイス?したお礼にご飯でも奢ると言ってくれたので
ありがたく御馳走になろうとしたのだが、散策しているうちに、せっかくだから
アキバらしい場所に行こうという雰囲気になり、二人とも30過ぎたいいおじさんなので
それならメイド喫茶に行きましょうと言う事になりありがたくメイド喫茶を奢ってもらい。

僕は今の業種に就く少し前くらいからアキバには通っている方だったので、
そう考えると2001年前後からこの辺りはふらふらしているが、どちらかと言うと
古典的?なアキバ人間で、PCパーツであるとか、技術書とか、ネットワーク関連の
ような買い物が目的で、萌えと言う物は好きだけど、深く入り込まず、遠くから
優しい目?で見ている程度のものだった。アニメなどは興味が無いし。
(元々成人前後から萌えに関わらず漫画と言う物に一切興味が無くなった)

そう言うわけでメイド喫茶も興味はありつつも、そこそこのチャージもあったりするし、
自分のように根がシャイと言うか、食わず嫌いの恥ずかしがりには向いてないと
そう決めつけて、口で言うほど興味も持っていなかったのが事実である。

で、結論から言うと

いや、楽しかったな、メイドさん。
ある意味彼女たちは職業で青春を謳歌していると言うか。

ここで言う謳歌ってのはなんて言えば良いのかな・・・
それは普通にレジを打つアルバイトのような受動的な物でもなく、
或いは、ある程度高い賃金と自分の外見的スキルに頼った所謂
プロのお姉さん達みたいな、丁寧だけど金の切れ目が縁の切れ目とも
違う、「自己的白昼夢世界」の住民として楽しく誇らしく過ごしているというか。

勿論、秋葉原とメイドというもの自体が、一つのマーケットとしては
確立されているものなので、出世欲とかそう言った向きも多分にあるだろうけど。

僕が行ったところは極めて普通?のメイド喫茶なので、隣で座ってくれるわけでも
好みのメイドを独り占めするようなオプションも存在しない。

超定番のオムライスと狂ったように安い生クリームをあしらったパフェなんかはある。
そしてそれを食べる前におまじないをしてくれる。

このブログでは上手く表現できないかな・・・。

注文を聞いたら基本的には近くに来るわけでも無く、淡々と時間は
流れているはず。ここまではある意味最近巷に出始めた「セクシー居酒屋」と
似たようなノリなんじゃないかと思った。

つまり、近くに来てほしければ注文しなさいと、そう言う事である。

偶然、と言うか今の職場が皆さんお好きな方々なので、新人の歓迎会で
平気でそう言った店をチョイスしてしまうので、セクシー居酒屋は4月に
行ってきたばかり。あそこは完全に親父エロでしか無かった。

別に男としてはとても楽しかったけど、ここに書くほどでも無かったという事。

でも、ここは別に頼まなくても注文の合間に、食べ物を運ぶ合間に
結構話しかけてくれる。一言、二言なんだけど、それくらいが恥ずかしがり屋の
自分には丁度良いタイミングなんだなと思ったり。

後ね、店の一番人気のメイドさんよりもね、本物は違うところにいるなと。
この空間で輝ける女の子ね、この辺りの子がちゃんとディープでアキバ的
サブカルチャーを熟知していて、お客(主人?)のプロファイルも上手。

自分はとことん趣味人、それが高じて今の技術職にも就けたんだけど、
趣味もクソまじめで。

音楽やればギターは10代後半で精神的スランプになってブルーズを
諦めたり、MTRを手にしてからは引きこもって毎日宅録とか、
新曲を作るとデモの完成まで平気で1カ月くらいかかるとか、
宅録ならDTMだという事でなけなしのお金で自作PCを見よう見まねで
作ってからはPCと格闘しだして毎週アキバで買わなくてもアンテナ
張りましょうとか、自作で金だけ消費するならその労力をお金に変えられたらと
まだ、今よりはニッチだったネットワーク・エンジニアリングの世界や専門書に
没頭したりだとか。。。Linuxもそうか。自作やるよりOSハックしてる方が
お金がかからないから。そういう意味でLinuxは貧乏な自分には救いだった。

そんなことばかりじゃ息が詰まるとサッカーのゲームを購入したら、これまた
監督のシミュレーションゲームで、欧州全土の選手を網羅しているから、
選手比較のために延々DBを検索できるツールで能力ソートに明け暮れて・・・。

その内プレミアの著名チーム監督なんか誰でもいつか優勝できるからと、
3部の監督から欧州CLを制覇するまでの壮大なストーリー
(ゲーム内の時間で5年かかった)を延々やり続けたり。

結局何をやっても突き詰めてしまい、趣味も疲れるのでうんざりしてくるのだ。

そもそもビートルズのテイク違いを追いかけていた小学生のころから
僕はこんなんである。

だから、僕はセルジオ・タッキーニのユーズドジャージにスキニーカラーデニムを
はいて、足にアドミラルの履き心地の悪いスニーカーを合わせていようが、
メイド喫茶で「ご主人様はお兄ちゃん属性だね」とか言われながら自己満足に
これからも浸り続けるんだろうと思う。

今度いつ行くのかはわからないけど、良いイクスペリアンスでした。
posted by cafebleu at 04:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。