2008年09月29日

Save Me

”人は自分が意識するほど自分を気にしていない”

良く使いまわされる言葉である。

基本的に人間と言うのはほとんどの場合自意識と言うものが
他者が自分に向ける意識よりも高く見積もっている。

そんな事は誰でもわかっているのだけど、自分に自信が無い時や
失敗してしまった時、もしくは様々な理由で神経過敏になっている時、
もしくはそんな人に声をかけるとしたら、上記のように言ったことは
誰でもあるだろう。

まぁ自意識過剰になったまま突っ走る輩もいるのだけど、
それはまた別の話として。

僕は最近この言葉を噛み締める時があるし、そういった気分に
苛まれる時が多い自分にもいい加減嫌悪感を感じるのである。

少し違うけど、人の為に成す事は結局自分の為でもある事で、
それは巡り巡って自分に何処かで還元されるって話もある。

そういやポールも「ジ・エンド」の最後でそんな事言ってたっけ。
キリスト的な世界観なんだろうか?僕は無宗教な人間だけど。

でもそれって必ずしもそうなんだろうか。

人は人で自分は自分って凄く思っている自分がいる。
それは1人っ子らしい世界観で、独立した自我を良くも悪くも持っているという事。

でも、実際の自分は他者に対しておせっかいな面もあって、それが喜ばれてるかは
知らないけど、そういう世話焼きなお兄さん分的なキャラの側面が20代中盤以後は
強くなったと思う。

でも、その半面で僕は1人っ子として常に孤独とも向き合ってきたわけで、
自分の努力は、与えてくれた環境などは別としても間違いなく自分のものだし、
人がそれ以上だろうが、それ以下だろうが、それは自分には関係無いと思っている。

つまり、世話を焼いたり、気遣いな自分を続けてきて、だんだん疲れたり、メンタル的に
下り坂になってくると、今度はもう全てを投げ出したくなるのだ。

実際ある日突然プツンと糸が切れたように表舞台から消えてしまったことも過去にある。

このオール・オア・ナッシングな揺り返しにまた少々疲れてきているみたいで。

結局気を利かせたり、良かれと思って行動しても、相手にしてみればお節介かも
知れないし、よしんば相手にプラスになったとしても、そのプラスは相手のものであり、
人間というのはそれを自分の手柄と考えるだろう。

だって自分もそうだもの。

何か本当の意味で社会において安定した生き方を望むなら、本当の意味で
対人に対するクールさって物を身につけたい。

ギリギリまで追い込まれて、プツンと切れた糸のように何処かに
飛んでいってしまうのではなく、ほどほどの無神経な自分と言うものを。

僕は保守的で頑固な人間だし、30を過ぎた大人がそうそう変われるものでも
無いのだけど、もし出来ることなら自分を投げ出して、もう少しましな考えを
もてるようになればいいのにと、最近は心の何処かでもがいている。

別に不満だらけではない。趣味も忙しいなりに謳歌しているし、
会社や技術の仲間にも恵まれて、仲良く高めあってる時もある。
それでも人間は大事な部分で理解を得れない状況に陥ると、不安定になるものだ。

そう思うとヲタレンとは別に古い仲間ともう一度学生時代までの原点に
返っているのは自分にとってはセラピーの一種なのかもしれない。

まぁ人間同士のコミュニケーションとしては相変わらずまるでスムースには
行かない人達相手では有るが(B型に囲まれているので)。

今日は就活の時以来くらいの個人のブログらしかったかも。


「Save Me」(Live at Montreal, Canada '81) by Queen
個人的にはクイーンの楽曲中のベストであるロッカ・バラードで屈指の名曲。
作曲者であるブライアン・メイの繊細なピアノに合わせてスタートする瞬間も
中々素敵なシーンである。途中からフレディにピアノがバトンタッチする
瞬間が”トロ”だと思う。これぞマルチプレイヤーのいるライブの醍醐味。
クイーンも多彩な性癖バンドの代表例だから。

別にフレディがいるのだから、最初からフレディが弾けば音数も足らなく
ならないものを、でもそれ以上の魅せるライブならではのパートチェンジ。
フレディが弾く力強くも達者なピアノは役者が違う感も。

「セーブ・ミー」は本当に良い曲である。
posted by cafebleu at 23:24| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

UMPC01〜LOOX U(旧) XP化備忘録〜

何だか9月に入ってから業務が忙しくってブログを
書く気分になれなかった。

単に工数が増えたとかではなくて、サーバやネットワーク障害が
毎週毎週発生して、生活リズムが滅茶苦茶だった。

更には名古屋への日帰り出張なんかもあってまぁとにかく疲労困憊であった。

結局今週は名古屋出張で始まり、サーバ障害で徹夜の復旧作業で終わった。

そんな事はどうでもいいのだが、最近PCハードで巷を賑わせているのが
所謂、『UMPC』だろう。ウルトラ・モバイルPCである。

要するに、ノートPCでもコンパクトサイズとされるB5を切っているPCを
指すのだが、昔からパナソニックのLet's NoteとかソニーのVaioなどでも
その手の機種は存在していたわけで、珍しいわけではない。

ただ、コンパクトにしている分画面サイズは限られるし、当然スペックも
A4ノートやデスクトップには大きく劣る。気を割かれているのはCPUパワー
などではなく、モビリティと省電力だから当然なのだが。

上記もあって、一台目のPCには当然不向きだから、PCを複数台必要と
しているパワーユーザや好事家(同じ意味か)が基本ターゲットだし、
そもそもノートPCの中で最も高価であることが多く(小さい中に閉じ込める技術代か)
高嶺の花であったのも事実である。

それが最近になってがらっと状況が変わったのである。
その始まりがASUSのEeePCだろう。

ASUSは自作PCユーザでも無い限り知らないメーカーかも知れないが、
PCのマザーボードメーカー最大手の一つなのは言うまでも無いだろう。
実はVAIOの多くはASUSマザーのOEM供給である。

そのASUSが本体のみでも5万を切るような安価でUMPCを発表したのである。
それがEeePCである。

そしてそれに続いて、他の大手マザーボードメーカーも追従し、各社安値の
UMPCを次々とリリースし始めている。MSIのWind Notebook U100
AcerのAspire Oneなどもそうである。

最も、これらより先に国内では工人舎のUMPCが10万を切る価格で販売されてたか。

昔からB5モバイルやそれ以上のモバイルも何度か手にしたものの、最近では
手元にモバイルが無かったのだが
(従兄弟から長いこと預かっていたVaio Type-Tを勝手に借用して事足りていた)、
今年に入って、先ずはヲタレンのリーダーがEeePCを購入、それに続いて
コリンゴもAcerのAspire Oneを購入したので羨ましく思っていたのだ。

前から欲しかったのは富士通のLOOX Uである。UMPCの老舗?機種の一つで
昨年のモデルからタブレットPCにもなっている。

しかしながら、途中のモデルからVistaモデル中心になり、XPモデルは富士通WebMart
位でしか見かけなくなった上、途中から購入不可能になってしまった。
正直VistaはノートPCではまともに動作するOSとは思えないので買う気がしなかった。

正直1GHzに満たないCPUと1GBしかないメモリでVistaと言うのは有り得ない選択だ。

そうこうしている内に今秋の新LOOX Uがこの程リリースされた。
サイズはそのままに、解像度の向上、UMPC向けに開発された話題のAtom CPU搭載だ。
デザインも形は旧LOOXと変わらないが、外回りのデザインは富士通にしては
悪くないデザインである。

しかし、メモリは1GBのままとなり、やっぱりAtomとは言え、推奨メモリ容量が2GBと言う
馬鹿げた容量を要求するVistaでは快適な動作にしんどいのは間違いない。

それで、LOOXに関してググっていたら、元々XPモデルも発売されていた旧LOOXでは
VistaモデルをXPに入れ替えている有志さんの情報が多く有る事を発見。

日本のサイトでは直接XPのドライバをダウンロードする事は出来ないようだが、
何とシンガポールのサイトにてXP用のドライバが用意されていて、それを利用すれば
XPでも問題なく動作させられるとの事。

で、まだ流通が若干ある旧モデルのLOOXを価格コムで調べていたら、7万台で発見。
正直CPUは今年発表のUMPC系には劣るのだが、理想の小ささと、XPで動かせるならと
購入してみた。

最初はVistaのまま動かしていたが、やっぱり鈍重な動きをするし、Homeなので
ドメイン参加のことも考えると、使い物にならないのでXP Professionalを導入する。
(今回導入したのはXP Pro SP3)

導入は可能のようだが、ドライバの当て順や当て方などにこつがいるようなので
以下は備忘録として。今後UMPCらしいUMPCであるLOOXの使い心地は気が向いたら
書いておこうかなと。

インストールにはブート可能な外付けCDもしくはDVDドライブを用意。
最近は純正でなくても動くようになってきた。以前から所持していた
I.O DATAの外付けDVDマルチ(DVRP-UN8PL)で難なくブート出来た。

因みにBIOSへは起動時にEnterを押せば入れる。その際、起動順位と、
XPがTablet Editionで無い場合(普通持ってないだろうし、現在入手は困難)、
BIOS設定でOSの種類を「タブレット」から「タッチパネル」に変更しておく。

CDからブートできれば普通にインストールを進めていけるのでまずはOS導入。

OSインストール終了後は、ドライバを一つ一つ当てていく。この作業が肝である。

当方は下記の順番で適用したが、まったくもって保証は無い。
(そもそもこういうことをするとメーカーの保証は無くなる。)

因みに当方のLOOX Uは機種的にはU50X/Vで、WEB Martモデルではなく
一般店舗での販売モデルである。

Fujitsu Singaporeの該当ドライバページはここである。
これが日本の旧LOOX Uや法人向き同系機種Lifebook U8250の
シンガポール版、U1010のXPドライバページにあたる模様。

1.チップセット・インストレーション・ユーティリティ(Intelサイトより最新版で)

2.グラフィックドライバ(Intelサイトよりモバイル945G用のドライバで)

3.サウンド(Fujitsu SingaporeのXP用ドライバ)

4.NIC(Realtekのサイトから8139XPドライバを)

5.富士通機能拡張ユーティリティ(Fjexuty、付属ディスクでOK)

6.上記のドライバ(同上フォルダにXP用ドライバ有、デバイスマネージャの不明デバイスFUJxxxxからドライバ更新であてる)

7.MS .NET Framework2.0(マイクロソフトのダウンロードセンタから)

8.タッチパネルドライバ
(http://www.pc-ap.fujitsu.com/drivers/winter07/TPanel/TP_USB_XP_V10L01.zipで。インストーラからインストールすると回転時に動作がおかしくなるので、デバイスマネージャの「ヒューマンインターフェイスデバイス」→「USBヒューマンインターフェイスデバイス」のドライバ更新で必ず入れる)

9.Button_Driver("10"のドライバ、本体付属ディスクButton_Driverより)

10.タブレットボタンユーティリティ(http://www.fmworld.net/cgi-bin/driversearch/drvdownload.cgi?DRIVER_NUM=E1006698から。Tablet Editionではなく通常のXPの場合はこれを選ぶ)

11.Multi Media Bay(Fujitsu Singaporeより。SDカードスロットのドライバの模様)

12.Hot Key Utility(Fujitsu Singaporeより。3言語分あるがENGが無難だろう)

13.ディスプレイマネージャ(付属ディスクのDismgerでOK)

14.省電力ユーティリティー(付属ディスクのPsutyでOK)

15.ポインティングデバイス(Fujitsu Singaporeより。TouchPadMouseで)

16.指紋センサードライバー(Fujitsu Singaporeより。FingerPrintDriverで)

17.指紋認証ソフト・OmniPass(オモニパス?Fujitsu Singaporeで)

18.無線LANドライバー(チップはAR5006EXS、atheros.czより新しいバージョンを適当に。LenovoのX61用でも行けるらしい)

19.ホットキーのドライバ("11"でインストールした分のドライバ、不明なデバイスからあたりをつけて、HotKeyUtilityのインストールフォルダを選べばよい)

20.ワンセグチューナドライバ(VT901-P1、付属ディスクVT901_p1フォルダより)

21.ワンセグチューナ(付属ディスクよりCoremフォルダでOK)

これで不明なドライバは無くなっているはず。
起動時、自動で動くいくつかのexeファイルがデジタル署名の警告を毎回受けるので、
邪魔なら警告をしないようにしておく。

ログインアシスタント(ソフトキーボード)は現状必要性を感じていないので導入せず。

乗り換えソフトや辞書ツールなんかは必要に応じて付属ディスクから。
ウイルスソフトは・・・AVGとかAVASTのフリー版で良いのでは?
セキュリティ対策ならWindows Updateもした方がいいかも。
公共の場で使いたくなるUMPCだし。

これでXP化完了。やっぱり軽いし、懸案だったタッチパネルもちゃんと動作した。

IMGP1705[1].jpg

後は色々と動かしてみようかと。
posted by cafebleu at 06:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | LOOX U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。