2006年01月31日

Billy Jack

「社会派と愛の歌の狭間で」 by Curtis Mayfield


カーティス・メイフィールド、誰もが認めるソウルの殿堂であり、
60年代の商業的ソウル・ブームではインプレッションズで。
70年代、ソウルが社会を憂いた時には「ムーヴ・オン・アップ」で
ニューソウルを代表するオピニオン・リーダーでもあった。

「ムーヴ・オン・アップ」が収録された
『カーティス』や『スーパーフライ』の印象が強く、
またその時代が一番注目されていた事もあって、
彼はマーヴィン・ゲイやスティービー・ワンダーと
比べても「社会派ソウル」という印象が強かったようである。
この頃は「セックス・シンボル」と言われたマーヴィンでさえ
「ホワッツ・ゴーイン・オン」「マーシー・マーシー・ミー」と社会に
語りかけていたのだが、
やはり彼はセクシーな愛の伝道師の側面も既に目立っていた。
スティービーは天才肌で楽曲も難解なものになり、
既に「ミュージック・クリエイター」としての側面が強く出始めていた。
更には楽器も多彩にこなしてマルチ・プレイヤーっぷりを発揮していた。

カーティスは一連の社会的なアルバムの後、
徐々に彼本来のスウィートなヴォーカルを生かした
ラブソング主体のアルバム作りに移行しつつあった。
『スウィート・エクソシスト』なんかがそうだろう。

しかしながら社会派から離れたカーティスのセールスは下降し始める。
ファンはカーティスが一人の人間として
愛を語る事を快く思わなかったのだろうか?

彼には「フレディーズ・デッド」のような
直接的な社会的メッセージを期待したのだろうか?

僕は当時を知らないので全てはわからないし、
僕らの世代になると「ムーヴ・オン・アップ」を
ポール・ウェラーがジャム、スタカン時代と彼らの
「姿勢」を表すかのようにカバーし続けたので
確かにカーティスとはそういう社会派スタンス
なのだろうという認識があったりもする。




75年に発表された名作の誉れも高い
『ゼアズ・ノー・プレイス・ライク・アメリカ・トゥデイ』は
ラブソングにシフトしていたカーティスが再び社会に向かったアルバムである。
名作なのは間違いが無いのだが、
どうやらこのアルバムの社会性はセールス的にややプレッシャーを
受けていたカーティスが敢えて持ち出したコンセプトだったらしい。
つまり、商業的な理由で「社会派」に戻ってきたのだ。何て皮肉な話だろう。

しかしどういう経緯でこのアルバムが
作られたにせよ、そのサウンドは素晴らしい。
そぎ落とされたシンプルなインストとミニマルでダルなビート。
社会派とは言ってもどこかできらびやかだった
『スーパーフライ』の頃とも違うタイトな音は聴き込むほどに好きになっていく。

更に皮肉なのはこのアルバムからのヒット曲は
この中で唯一と言って良いメロウでスウィートな
「ソー・イン・ラブ」だった事だろう。
確かに後の「トリッピング・アウト」などにも通じる
美しきソウル・バラードである。

最後に遺作となった96年の
『ニュー・ワールド・オーダー』についても触れておきたい。
不慮の事故により下半身不随になった
カーティスが病床で作り上げたアルバムだ。



このアルバムは素晴らしいと思う。単なるカムバック作ではない。
楽曲も歌も力強い、そしてスウィートさも健在だ。

ここで復活を強く印象付けたが残念ながら99年に亡くなっている。

カーティス・メイフィールド、モッズやソウルマニアだけのヒーローではなく
彼は本当に素晴らしいアーティストだった。
posted by cafebleu at 02:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Curtis Mayfield | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

You Don't Love Me

「少しも強がらない素直な愛の終わり」 by Matthew Sweet('92)


マシュー・スウィート、米パワーポップの立役者だ。

それについてはヴェルヴェット・クラッシュの時
に少し書いてるので詳しくは書かないけど、
僕はむしろ彼はパワーポップの括りで語るよりも
「シンガー・ソング・ライター」と言った方が
ピンとくる。内省的な歌詞や心のひだに触れる歌こそ彼が魅力的だから。

もちろん元気いっぱいのパワーポップ・ソングも
彼の特徴なのだが、それ以上にどこか
影のある彼のメランコリックな曲には惹かれるものがある。

「ユー・ドント・ラブ・ミー」が収録されている
アルバム『ガールフレンド』は間違いなく彼の
最高傑作である。
これさえ聴いていれば他は聴かなくても良いかも知れない。
これ以降彼の作品は常にここからの再利用でもある。

このアルバムこそ「エバーグリーン」という
言葉がふさわしいアルバムの一つだ。
ヴェルヴェット・クラッシュの時も言ったけど。
既に発売されてから13年を過ぎていると
いうのも何だか恐ろしいが今も昔も最初から
「色褪せている」それが最大の魅力。



彼のラブソングは大概愛の終わりを歌っている。
あの太ったルックスにラムちゃんの刺青だ。
そんなに良い恋愛とは無縁の人だろう。事実離婚も経験している。
要はなんだかオタクっぽい人なんだ。日本のアニメマニアとしても有名。

「ユー・ドント・ラブ・ミー」なんて言わずもがなだろう。
だって愛してくれないのだから。楽曲的にもシンプルな
コードで素晴らしいメロディを考える辺りとても非凡な人だと思う。
それに輪をかけるように
ペダル・スティールの音がより一層メランコリーに聴かせる。

そして歌詞、
これもビーチ・ボーイズの「ゴッド・オンリー・ノウズ」の時に書いた事と似ているが、
歌いだしの歌詞が素晴らしい。
「What a beautiful moment」で始まる詩心。
「なんて美しい刹那だろう」こう日本語でそのまま
書いてみても美しい詩だ。

こう書くと何だか強がった始まりのようにも感じるが、
別れって切ないけど何処か後で美化してしまわないだろうか?
少し時間をおいて思い起こすとその瞬間に耽美してしまう、
人間にはそんな刹那があるはずだと僕は思う。

何だか感傷的な話しになってしまった。

そう、この曲はいつでもそういう気持ちにさせる「美しい愛の終わり」の歌だ。
マシュー・スウィートにはネクラな歌が良く似合う。

関係ないが後のアルバム
『キミがスキ・ライフ』では奈良美智の絵をジャケに使用してます。
さすがは日本のアニメーション・オタク。


posted by cafebleu at 02:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Matthew Sweet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

Lullabye

「ヒーリング・ヴォイスの子守唄」 by 原田知世('02)


ドキュメンタリーのナレーションで有名なのは恐らく森本レオだろうか?
当方はあまりTVを観ないのでそんなに詳しいわけじゃないが
「森本レオ=癒し声のナレーション」というのは良く知られたところか。
彼は元々俳優でもあり、そういう意味では
「俳優兼任ナレーショニスト?」と言う事も出来るか。

まぁ処女好きと言うのが一番有名かもしれないけど。

では女性ナレーションで似たような立場の人は?
それは原田知世である。
もっとも森本レオ程認知されてるとも言えないが。
表舞台での仕事がコーヒーのCMくらいでしか見かけなくなった分、
彼女は裏方でナレーションの仕事を多くこなしている。
今度ドキュメンタリーで女性の声がしたらチェックしてみて欲しい。

彼女の場合その癒し声は女優業で
評価されたというよりも「歌」によって認知されたのではないか?
キー如何に関わらず済んだ水面のような
透明感のある歌声には僕も良く癒される。

スウェディッシュ・ポップ時代に活躍した頃は
その柔らかい歌声が先に成功していた
カーディガンズのニーナとも共通するところがあっての
起用というのもマーケティング・サイドや
プロデューサーであったトーレ・ヨハンソンにもあったのだと思う。

そしてその時代は少し前の話になりつつあった2002年、
彼女も30歳をとうに過ぎた「大人の女性」になっていた。
以前のように活発な音楽活動からも離れつつあった。

もう、渋谷系もスウェディッシュ・ポップもブームとは無縁のものでしかなかった。

そんな中久々に彼女のアルバムは製作された。
プロデューサーは当時鬼束ちひろなどで売れっ子だった
羽生田丈史。この組み合わせで製作された『My Pieces』は中々完成度の高い
「大人の」女性ヴォーカル・アルバムという感じだ。
正直に言うと悪くは無いが以前のようなわくわくするような
ポップではなかった。「手堅く」「無難」なアルバムというべきか。
何より本人も以前ほど音楽には情熱が無いように聴こえた。

実際にこのアルバム以降彼女は作品を全く出していない。
確かに本業は女優であるが、活発な頃は毎年のように
アルバムを出していたのを考えると彼女も歳を重ね本来の場所に
戻ったのか、それともニーズ自体が無くなり作品を作る事も無くなったのか。

何だか少々残念である。



「Lullabye」は非常にシンプルなピアノ弾き語りの繊細な歌。
まさしく「子守唄」、澄み渡ったピアノと
彼女の歌声がどこまでも響き渡るよう。
posted by cafebleu at 02:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原田知世 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

The Meeting Place

「XTCとトッド・ラングレンが交差した必然の場所」 by XTC


ビートルズというのはとても商才に長けたグループである。
いやとてもどころか実質のプロ生活8年程度の活動と
いう点でのセールスならば右に出るものはいない。

だってほぼ全てのシングル曲を英国チャートの1位に叩き込んだのだから。
そしてそれはアメリカでも同じ事。
ビルボードの1位から5位までを一つのグループ、もしくは
アーティストが独占するなんて事は正に「空前絶後」の事となった。

しかしながら現在のビートルズ・オタク
にとって大事なのはそんなことではない。
彼らは商業的かつ先鋭的、実験的でもあった。
そしてそれらのバランスの良さも絶妙であった。

彼らのちょっとしたセンスの良さと
「少し先を行ってますよ」的なアピールの上手さ。
売れ線である事も十分に意識していたはずである。

1968年、世が前年に発売されていた
『サージェント』シンドロームに酔い、ストーンズはもとより、
同時期のバンドたちが「カラフル」で「実験的」な
コンセプトアルバムをこぞって競っていた頃、
ビートルズは「ただ」曲が詰まった真っ白なジャケットの
アルバムを発売した。そこにはざらついた音像と、
メンバーの不和を前面に出したような曲が無造作に放り込まれていた。

メンバーの軋轢すら商業的な魅力に
変えてしまう彼らは実にクールだったと思う。
そういう運命にある人たちでもあったのだと思う。

「芸術」と称したオナニーに浸る事も
ほとんど(ほとんど、だ。多少はある)無く、
必要以上にショービズ臭も感じなかった。
間違いなくショービズなのだが。

現在のビートルズ・マニアにとっての
「ビートリー」とは中期ビートルズがサイケの海の中で
延々作り出していた作品辺りを指すことが多い。
勿論初期のようなものにも使ったりするが。

その中期ビートルズの箱庭的な部分に
とり憑かれた最初のフォロワー世代がイギリスとアメリカで
そんなに時を変えることなく生まれた。

トッド・ラングレンとアンディ・パートリッジである。

ビートルズ経由のシンガー・ソング・ライターという
今ではエリオット・スミス辺りに通じるスタンスで
デビューしたトッドと、パンク・ニューウェイブが
吹き荒れる70年代中頃にデビューしたXTCとでは
明らかに音楽的違いがあるが、
それはやがて少しづつ近づいていく。特にアンディが自らのルーツに
対して徐々に赤裸々になって行き加速する。
そして先にビートルズ・フォロワーとして
『サムシング・エニシング』などで大きな仕事をしていたものの、
じょじょに方向性を失いユートピアでビートルズへの完全なる
オマージュを捧げたりして自分の方向性を模索していた
トッドと交わる時がやってくるのである。

「ミーティング・プレイス」とはそんなトッドと
XTCの出会いを象徴した歌のように聴こえる。

因みにこの歌はコリン・ムールディング作曲。
彼が熱烈なトッド・ファンであったことも
名作『スカイラーキング』での出会いに関係しているようだ。

結局プロデューサーだったトッドとアンディが大喧嘩して、
険悪なムードでレコーディングが続いたのは有名な話だが、
そんなことを微塵も感じない見事な「箱庭」ポップとして
このアルバムは完成した。

両雄並び立たずとは良く言ったものだ。
英米の「ビーヲタ」少年は決して交わりあう事は無かった。

それは裏を返せば「似たもの同士」だからだろう。

その証拠に彼らは自分を突き詰めれば突き詰めるほど
セールスが悪くなると言うところも良く似ていた。
ビートルズの「箱庭」だけを追う事とは何ともストイックなゲームだ。


posted by cafebleu at 01:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | XTC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

English Tea

「英国的箱庭”紅茶”ポップ」 by Paul McCartney('05)


ポールの昨年末に発売された新作
『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード(裏庭の混沌と創造)』
は久々にファンの溜飲を下げた力作となったのは間違いないだろう。

はっきり言ってこれと言って突出している曲も無いし、
だからといって心惹かれるようなコンセプトが
構えられているわけでもないのだが、ポールのアルバムに良く見られる
散漫なところが無く、
集中力を持って各楽曲に臨んでいるようで非常にブレがない。

アルバムの音作りや全体的に枯れた味わいのする楽曲、
アレンジ辺りは96年作『フレイミング・パイ』に
通じるものがあるのだけど、リラックスしてるようで
締まるところはきちっと締まっている
今回のアルバムは恐らく今後評価が高まるだろう。

枯れた味わいの中にも、
友人でありライバルでもあるブライアン・ウイルソンが04年に
『スマイル』をリリースし、精力的にツアーなどを行っていたこともあってか、
「プロミス・トゥ・ユー・ガール」のようなブライアンへの
ポールなりのオマージュのような
分裂的ポップもあったりして聴き所は少なくない。

ただ一つ感じるのは、
このアルバムだけでなく『フレイミング・パイ』以降のアルバムを
覆ってる感のあるポールの「精神的な暗さ」だ。
あからさまな暗いメロディなどが出てくるわけでも無いのだけど、
歌詞世界や楽曲などにそこはかとなく感じる「暗さ」は
近年のポールの音楽においてキーの一つになっている。

ただ前回「マジック」、そしてアルバム
『ドライビング・レイン』の話のときに書いたような
自暴自棄なところは通過して、
静かにリンダを弔っているという事なのかもしれない。

アルバムの中でも極めて私的で
暗い感じのする「シーズ・ソー・ビューティフル」が
ボーナス・トラック扱いな事もそういうのと無関係ではないだろう。



さて、「イングリッシュ・ティー」だ。
この曲はポールにしては久々の「純英国的ポップ」という気がする。
楽曲的にはビートルズ時代の「フォー・ノー・ワン」の兄弟的な位置付けだろう。
ルート音を下降させるというポップの王道的作曲方法。
ただこんなに素直な「ビートリー感」のある曲を
ポールからはあまり聴いたことが無かったのでそれはそれで嬉しかったりする。

歌詞的にもまぁ言わずもがなだろう。「イングリッシュ・ティー」だもの。
まるでレイ・デイヴィスが付けそうなこのタイトルも
英国的だ。彼のような風刺でもないようだが。

もっと言えばこれほど英国的なスタンスを
打ち出した楽曲って今までのポールには余り
無かったような気がする。
もちろん「マル・オブ・キンタイア(夢の旅人)」のようなケルティックな
楽曲もあるにはあるが、
そういうトラッド云々でないレベルで「英国的100%」な楽曲って
あまり記憶が無いのだ。

ふと思うことがあった、
ポールはリンダとの結婚を境に段々と「アメリカ大陸的」な音楽が多くなる。
その最たるものがもっとも成功していた頃のウイングスだと思う。

そのリンダと死別して、
ふと我に返ったポールが再び英国的な部分を意識している。
「イングリッシュ・ティー」とアルバム
『ケイオス〜』はそういうポールの新たなスタート地点なのかも知れない。
posted by cafebleu at 02:08| 東京 ☁ | TrackBack(0) | Paul McCartney | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。